カテゴリ:hitorigoto( 30 )

pm 5:12



f0178696_21351759.jpg


これからの季節
綺麗な焼けが見られるようになりますね
日の出、日の入り時間が気になる今日この頃。。

[PR]
by shima_shima1225 | 2017-10-27 21:46 | hitorigoto | Trackback

朝焼け


f0178696_19044746.jpg


今朝、台所の小窓にオレンジ色の光が射し込んでいて
カーテンを開けると眩しいほどの朝焼けでした
わんこの散歩途中にiphoneでパシャリ・・^^
実際はもっと美しかったのですが。。笑


[PR]
by shima_shima1225 | 2017-10-02 19:16 | hitorigoto | Trackback

tiny


f0178696_07424720.jpg


雨の連休
普段忙しくて出来ないことなどを・・
久しぶりに手紙を書きました
普段ラインやメールで済ますことが多いので
漢字が書けない・・
そしてますます字が下手になってる・・・凹
字の美しい人、、憬れます 。。

[PR]
by shima_shima1225 | 2017-09-17 20:08 | hitorigoto | Trackback

blue


f0178696_19585593.jpg


朝、いつものようにパンを焼いてコーヒーを淹れる
何となくテレビの音が騒々しいことに気付く
・・・ミサイル発射の緊急速報だった
花を見て美しいと感じたり
何気ない日々に幸せを感じたり
当たり前の日常を
愛おしく大切に感じる気持ちはないのだろうか
理解出来ない他国の暴君



[PR]
by shima_shima1225 | 2017-09-15 21:09 | hitorigoto | Trackback

fuwari


f0178696_19461543.jpg



日が暮れるのが早くなりました
西の空がとても綺麗だったので、コンビニに車を停めて撮ってみた
雲のカタチがね、、羽衣みたいで心惹かれた♪
50mmじゃちょっと窮屈ですね。。


[PR]
by shima_shima1225 | 2017-09-13 20:17 | hitorigoto | Trackback

想い



f0178696_20464182.jpg



ネガティブな言葉を口にして気持ちが楽になるのなら
いくらでも口にすればいい
でもそれを受けとめる側のダメージは相当なもの・・

あっ、、すいません。
さっそくのネガティブ発言。。(˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )



[PR]
by shima_shima1225 | 2017-08-06 22:41 | hitorigoto | Trackback

右往左往


f0178696_20194362.jpg


さぁ~困った。。


[PR]
by shima_shima1225 | 2017-06-15 20:22 | hitorigoto | Trackback

春ですね

f0178696_22004801.jpg

とある日の公園
しばわんこが呼吸荒くして枯葉の中をグイグイと。。
飼い主さんが引っ張っても梃子でも動きません。
どうやらモグラが潜んでいたようです。
春ですね~♪


呼吸荒くといえば、この一ヶ月ほど息をすることに
違和感を感じておりまして。。
すごく苦しいという訳ではないのですが
喩えるなら山の頂上に登った時の酸欠状態・・みたいな??(たぶん。笑)
しばらく続くようだったら病院行ったほうがいいのかな。。(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )





[PR]
by shima_shima1225 | 2017-02-20 21:06 | hitorigoto | Trackback

大晦日


f0178696_23100711.jpg


オマケ★★大晦日の夕暮れ
あまりに美しい月だったので・・^^
ただいま紅白楽しんでおりまする。笑


♪・・・
[PR]
by shima_shima1225 | 2016-12-31 22:28 | hitorigoto | Trackback

小春日和

f0178696_19413059.jpg


小春日和の週末
少し風邪をひいてしまいました。
そんな中、窓越しの暖かな陽射しがとても有難く感じられて。。

◆朝は生姜たっぶりの紅茶、お昼は生姜たっぷりのドライカレー
生姜パワーで何とか風邪をやっつけたいと思っておりまする。。
皆様もどうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。^^


[PR]
by shima_shima1225 | 2016-11-06 20:15 | hitorigoto | Trackback

日々感じたことを徒然なるままに・・・


by shima