お弁当箱

f0178696_17191384.jpg
箱モノが好きでお弁当箱をみると、ついつい欲しくなってしまいます。
こちらは<工房アイザワ>のステンレスのお弁当箱。
たっぷり入るので、おかずを詰めるとき悩まずに済みます。笑
最近、外食が多かったので、久々お弁当持参で出かけました。
あり合わせのものでも、自分で作ったお弁当はやっぱり美味しい!
[PR]
トラックバックURL : http://krokus.exblog.jp/tb/14961675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coco_doll at 2010-11-11 17:53
私もステンレスの昔のようなお弁当箱を持っています
深さがあるとたっぷり入りますね
あり合わせの物でもとっても美味しそうですね^^
私も以前は自分のお昼用によくお弁当を作っていましたが最近はラーメンやうどんばっかり^^;
たまにはお弁当作ってみようかな?^^
Commented by ryrydog at 2010-11-11 18:52
美味しそうな お弁当♪
こういうのが好き!!
アイザワの お弁当箱に入れると なんか懐かしい気がする。^^

うちも、今は お弁当を一個作ってる。
おかずの残りは、 お皿に入れて ワタシの お昼ご飯だけど、
お弁当箱に入れておくと 何処でも食べれて楽しいかも~♪

そうそうアイザワの取っ手がウッドのミルクパン。知ってる??
可愛いよー♪
ダンスクのも好きなんだけど・・・どちらもIHはNG。。。
Commented by yaesakura130 at 2010-11-11 22:54
私も今こういうお弁当箱ほしいんですよね。。
お昼はお弁当が多いんですけど使いやすいちょっと懐かしい感じ
のがほしい。。
それからパンダ~ 私も一時パンダがマイブームでよく頂いて
ましたが 中国物はたまに顔が怖いのがありました。
パンダの手ぬぐいがお気に入り。
ちなみに最近はパンダより鹿がブームです(笑)
Commented by はりねずみ at 2010-11-12 15:35 x
こんにちは
初めてコメントします。
はりねずみといいます。
ryryちゃんのお友達です。(悪友じゃないよ)

このお弁当箱私のはもうちょっと浅いんだけど、アイザワのです。
もう何年も使ってます。
一時、ふたの取っ手がだめになって送ったら直していただきました。
とっても優しいメーカーさんです。
私は、お昼にキムチチャーハン作って入れてくるときは必ず!このステンレスです。
shima_shimaさんのお弁当もryryちゃんと同じく美味しそうじゃね?

ちなみに・・・私、にゃんこ先生ファンです。
Commented by shima_shima1225 at 2010-11-12 20:31
>しおんさん
残りごはんでもお弁当箱に詰めるとそれらしくなるものです。笑
ワタシも毎日はちょっと無理なので
食事が偏ってるなぁーって時だけ、作ってます。
気分転換にもってこいです^^
Commented by shima_shima1225 at 2010-11-12 20:36
>ryryちゃん
今もお弁当頑張って作っているんだね。お疲れさまです^^
アイザワのミルクパン、知ってる知ってる!
かわいいよね。ダンスクのミルクパン、持ってるよ。赤いやつ。
ryryちゃんちはIHだから、残念だね~
でもガスの五徳の掃除って、ほんと面倒だから
あのフラットなパネルに憧れるよ★
Commented by shima_shima1225 at 2010-11-12 20:40
>yaesakuraさん
このお弁当箱、かなり入るので食いしん坊の方にはもってこいです。笑
ここ数年、パンダ人気がやってくるのではないかと
密かに思っているのですが、どうなんでしょうか・・笑
ふふ。ワタシも鹿ちゃん、好きですよ^^
Commented by shima_shima1225 at 2010-11-12 20:47
>はりねずみさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
ryryちゃんのお友達ということで^^
ワタシもキムチチャーハン、大好きです♪
ステンレスは匂いが付きにくいので使い勝手がいいです。
はりねずみさんのは取っ手が付いているタイプのですね。
ワタシは食いしん坊なので、深さのあるパッキンが蓋に
付いているものにしました。
にゃんこ先生ファンとのことで、ありがとうございます。
また遊びにいらしてくださいね♪
by shima_shima1225 | 2010-11-11 17:19 | diary | Trackback | Comments(8)

日々感じたことを徒然なるままに・・・


by shima